引っ越し お得

私の引っ越しアドバイスと体験談

 

引っ越しをとにかくお得にするためのコツを紹介したいと思います。

 

上手く行けば相場の半額くらいになるかと。

 

一つ目は引っ越しの際は多くの業者で見積もりをすることをお勧めします。

 

引っ越しアドバイスと体験談

最近ではインターネットのサイトで多くの引っ越し業者にまとめて見積もりをお願いできるサイトもあります。

 

また、特に問題がなければ実際に家に来てもらって目で見てもらったほうが見積もりがより正確になりますし、見積もりだけでも見積もり特典として特典をもらえる場合もあります。

 

私は実際お米2Kgをもらいました。

 

二つ目は梱包です。

 

色々な事情があるとは思いますができる部分は自分で梱包することです。

 

割れ物も新聞紙等で包むなどして収納する時には間に緩衝材を挟みながら収納していけば大丈夫です。

 

また、引っ越しまでに時間がとれるのであれば自分で運べるものはあらかじめ運んで置くと業者に頼む量が減ります。

 

業者は運ぶ量に応じたトラックの大きさなどで金額が決まるようなので自分で運べばトラックも小さく済みますし金額も安くなります。

 

予算よりだいぶ安くなればより安さだけにこだわらずより優良な引っ越し業者も検討できると思います。

 

 

 

また、私は住みたくないと思う条件を明確にして、引っ越し先を選んでいます。

 

1つ目は川沿いや、海沿いの場所です。

 

地震などがあった時に津波に襲われてしまう可能性があるからです。

 

2つ目は大きな道路沿いの交通量の多い場所です。

 

排気ガスが気になってしまい生活環境に影響が出るのではないかと思います。

 

3つ目は田舎です。

 

都会で育ってきた環境もあるのですが交通機関が少ない所や、移動手段が困難な所、周りの環境、住むには少し抵抗を持ってしまいます。

 

全て個人的な意見ですが。

 

引っ越しをした後の体験談

 

私は一昨年に結婚し専業主婦になりました。

 

我が家には旦那と私の両親が二人で共用している車、私の車と3台あります。

 

隣の家の借り車庫の大家は80代の老人ですが文房具店を営んでいるのでぼけているわけではありません。

 

借り車庫にはゴミやら段ボールが山積みになっていて車を入れるのにギリギリなんです。

 

旦那の車のわきに針金を吊るしていたせいで旦那の車に傷が付いてしまいました。

 

ゴミやら段ボールは全て大家の文房具店から出たもので私たち家族は一切ゴミ類は置いていません。

 

食べ物を入れているのか冷蔵庫もあります。

 

数年前に車の配線をねずみにかじられたこともあったようです。

 

いじわる婆さんという言葉がぴったり過ぎて中々注意出来ません。

 

わざと車庫の中に車を置かずに家の前に野ざらしにしておいたことがありました。

 

すると大家がせっかく車庫があるんだから車庫を使いなさいよと…。

 

針金が出ていて危ないと言うと針金は寄せてくれたものの、今度は脚立が掛けられていました。

 

大雪になれば当然雪を寄せなくてはいけませんが、車庫の前は雪を残し自分の家だけ雪かきする光景は見慣れてしまいました。

 

老人だからどうのこうのではなく、そこに置いたら危ないとは思わないのでしょうか?

 

頭は悪いですが私だってそのくらいは考える力があります。

 

人に物を頼む時は猫なで声なのに、普段は挨拶もしない老人で全く好きにはなれません。

 

次に車に傷がつくようなことがあれば修理代を請求します。